新人研修を担当する従業員の教育能力を上げることができる

計画立案からスケジュール管理まで

新人研修を担当すると、計画を立てる必要があります。教育期間は決まっていますので、その期間は毎日何かしらの研修をいれなければいけません。そのため、計画段階で全ての予定を埋めておく必要があるのです。計画立案をするときに数ヵ月単位で、びっしり予定を決めるのはなかなか難しいです。そのような計画立案能力を養えるのです。また、立てた計画を順調に進めていくことも大切でしょう。スケジュールの管理がしっかりしていれば、すべて順調に進められます。ただ、スケジュールはすべてが確定している状態で進めることは難しいです。予定が決まっていないものをパズルを組み合わせるように、予定を立てることになることが多いです。スケジュールを管理する能力も成長させられます。

トラブル解決能力も養える

新人研修を担当すると、予期せぬトラブルが起きることは少なくないです。参加者が風邪で来られない、研修の時間が押している、予定通りに進まないなど、色々なトラブルが起きます。その時にどのように対処するのかという能力は培われていくでしょう。トラブルが起きるのを前提にして、余裕を持った予定を立てておくことなど対策を立てることはできます。そのように考えられることも成長のひとつです。トラブルが起きれば焦って、何もできない可能性もあるでしょう。しかし、そのトラブルを乗り越えられると、色々な対処法を考えられるようになるのです。解決方法を考え付けるようになると、色々な場面で利用できる能力になります。トラブル解決能力を身に付けられるのは大きな収穫でしょう。