研修中にミスをしたらアドバイスをする

研修中はミスした新人への対処が重要

新人研修は、新人が少しでも仕事に慣れるために行われるものであり会社にとっても重要な研修の1つです。新人なので、まだ仕事を十分に把握できていない事があり研修中にミスをする事は珍しくないです。新人が研修中にミスをしたら放置したり注意するのではなくてアドバイスをします。もし、ミスを放置すると新人の仕事のスキルが向上しないですし、注意するだけだと場の雰囲気が悪くなるだけでなぜミスをしたのか新人が分からない事があります。

しかし、適切なアドバイスをすることによって新人がなぜ自分がミスをしたのか把握する事ができて、今後同じようなミスをしないように仕事をしていく事ができますよね。新人研修の担当になった場合は、どれだけ多くのアドバイスを新人にできるかがポイントです。

アドバイスをした後のフォローが大事

新人研修では、新人がミスをすると的確なアドバイスをしていきますがその後のフォローが重要です。的確にアドバイスをする事ができても、それを新人がすべて理解しているとは限らないです。もしかしたら、なぜミスをしたのか把握しきれていない可能性もありアドバイスをしてもまた同じようなミスをすることもあります。そこで、新人にアドバイスをしたらしばらくその新人の仕事を見て、アドバイスした内容を把握できているのかチェックしましょう。

もし、また同じミスをしたらまだミスをした原因を理解できていないので、再びミスをしないためのアドバイスをしていきましょう。このように、しっかりとフォローしていけば新人が研修中に仕事のスキルを向上して早く一人前になってくれます。